PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手に力が入りにくい時に便利な介護用の箸

今日は、オラが使っている“食事用品”の紹介です。
左が現在使用中の介護スプーン(入院当初から使用)。右は100円ショップで購入。

hasi.jpg

通常(ご飯やおかず)は左の介護スプーンで、麺類は箸(木製)でと使い分けて食べています。
もちろん、スプーンやフォークも使います。

そして今回試しに購入した箸は、「手に力が入りにくい時に便利」とありますが、普通に箸を持つ時のようにはいかないような気がします。
親指と他の指で挟む単純な作りになっているので、慣れるには時間が掛かるでしょう。
買ってはみたものの星は一つと言ったところでしょうか。

それにしても、今では100円ショップで介護用品が買える時代。
そんなところにまで手を伸ばすショップも驚きですが、それだけ老老介護が増えているのがひしひしと伝わってきました。
スポンサーサイト

| ご紹介 | 14時14分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

今や、「かゆいところに手の届く百均」になってきましたね。
うちでも以前紹介した「割れるスプーン」。こちらはサーバーのようにもなるので、重宝しています。

子どものお箸の持ち方を練習する箸で、親指と中指と人差し指のところがリングになっていて持ちやすいものがあります。そういうのだと指が固定されるので、つかいやすいのかな?
大人でも箸使いのできない人が多いので、大人用も必要だなあと思っていたけど、介護用でもいいかも・・・。どうでしょう?
http://store.yahoo.co.jp/mottozutto/ginoa1a1a5.html

| やっこ | 2005/04/19 18:45 | URL | ≫ EDIT

これ、すごくいいかも!
利き手交換の場合、単純に持ち替えるだけではありません。
左(右)に持ち替えて、“認識”して食べる行為をするのです。
つまり、小さな子どもと一緒です。放っておくと手で食べる方もいるのです。
そんな方に食べる行為の最初のトレーニングとしては、こういう箸は非常に助かりますね。
介護用や育児用は、裏を返せば使いやすくできてるってことですからね。
お気に入りに入れておきます。参考になりました。ありがとう、やっこさん。

| こー | 2005/04/21 09:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://kinaga.blog5.fc2.com/tb.php/69-64486fb1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。