PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

落雪注意

落雪

初雪がどっかり来てかなり積もったが、今日はプラス5℃もあって車庫から一気に落雪した。
厚さ30cm以上ある雪の塊が轟音と共に落ちる。
見てる分には豪快で迫力はあるが、こんなものの下敷きになったらひとたまりもない。

降ったり溶けたりしながら少々積もるこの時季と春先は、車庫の下や軒先には特に注意するよう子供には言ってきかしている。
ガキの頃、ろくに親の言う事も聞かずハラハラしながら潜って遊んだ危険な場所だけに、自分の子供には一層厳しくなる。

それでも、どんなに厳しくしても、きっと危険な場所で遊んでるだろう・・・・・・と頭悩ます日々だ。

スポンサーサイト

| 今日のできごと | 15時52分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

30センチの雪のかたまり・・・
こっちの水分の多い雪より軽いかもしれないけど
けっこうな重さがあることにかわりないよね。
たまに行く雪国は新鮮でいいけど改めてそこで暮らす人の
大変さがわかります。
慣れてるといえど油断は禁物。

雪国の人が事故がなく春を迎えられられますように!!

| イナ | 2007/11/25 12:21 | URL | ≫ EDIT

* イナさんへ *

こんなことは、しょっちゅうじゃないにしても、やっぱり危険には変わりないね。
事故はどこに潜んでるか分からない。特に冬わね。
気を付けるです。

改めて雪国の人って言われると、何だか変な気分。
そうだった。忘れてたって。
・・・

| ぽてと | 2007/11/25 17:50 | URL | ≫ EDIT

あれれ ~

ぽてとさん おはようございます。
昨日コメントしたはずが m(__)m
反映していません!確認送信しなかったかも。

初雪が30㎝とは さすが北海道ですね。
屋根から落雪の経験はあるけれど
これほどの塊はみたことありません。
それに最近は温暖化で雪が少ないと感じる安曇野。
風景としてはいいなと思うけれど 実際生活するには
大変なことが多いとお察しします。

お子さん達 思いっきり外で遊んでほしいけれど
心配ですよね。
何事もなく 冬が過ぎますように。

お子さん達は きっとお父さんの心配を
大きくなってから ありがたいと思うのでしょうね。

| まみ | 2007/11/26 08:29 | URL | ≫ EDIT

* まみさんへ *

おはようございます、まみさん。

今年は初雪がどっかり来て、あらあらと思ってましたが、さすがにまだ11月ということで地味に融けてます。
でも、全部は融けないと思うので根雪なるでしょう。
そんな状況だと、まるで雪崩のように落雪するのです。
ホントに危ないです。
こんな塊は見たことないってコメントしてますが、安曇野って雪が多くないんですか。
長野だし、てっきり大雪地方だと思ってました。
いずれにせよ、多かれ少なかれ雪景色になるっていうことは、辛いことがたくさんありますよね。

うちの子供は、今時の子供にない雪遊びが好きな子です。
それ故に尚更、心配です。
心配ありがとうございます。

>お子さん達は きっとお父さんの心配を
大きくなってから ありがたいと思うのでしょうね。

・・・そうだといいんですけど(^^;)

| ぽてと | 2007/11/26 08:51 | URL | ≫ EDIT

うきゃーーーーっ すごい雪。
こっちでは考えられないくらいの雪の量。
こんなのの下敷きになったら大変だわ。。。
ほんと危ないね。。。怖いね。
でも子供ってあまり考えてないから大人はヒヤヒヤよね。
ぽてとさんも、気をつけてね。

| オードリー | 2007/11/27 17:59 | URL | ≫ EDIT

* オードリーさんへ *

おはようございます。

かなり危ないですよね。下敷きになって亡くなる方もいます。
危ないと分かっていても遊んでしまうのが子供。
本当、毎年ヒヤヒヤです。

ご心配ありがとうございます!
オードリーさんも風邪とかインフルには気を付けてくださいね。

| ぽてと | 2007/11/28 09:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://kinaga.blog5.fc2.com/tb.php/215-8b553572

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。