| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンウィーク再び小樽へ

ゴールデンウィークは、またまた小樽へ出向いた。
先ずは、安さと新鮮さが評判の余市にあるかきざき商店の2階『 海鮮工房 』で昼食。
100人以上は入ると思われる店内は家族連れやライダー、カップル等で混雑していた。
注文したのは、うに丼赤(カップ)、磯丼、そして今時この価格でこのボリュームと話題のホッケ定食。

2008gwメニュー

うに丼赤(カップ) 税込1,710円、ホッケ定食 税込450円、磯丼 913円。
どれも嬉しい価格。しかも、新鮮!

2008gwウニ 2008gw磯丼

2008gwホッケ

うに丼は言うまでもなく旨いし、ホッケも身が厚く脂がのってこれも旨い。決して450円とバカにできない。
磯丼には新鮮でコリコリのホタテ、ホッキ、ツブと3種が入り貝好きにたまらない。

海鮮工房へのアクセスは余市駅を目指せば分かりやすい。
オレンジ一色の派手な建物は遠くからも目立つ。
駐車場も隣接している。

2008gw柿崎商店


その後、北一ヴェネツィア美術館で衣装文化体験やスーベニールオタルカンで手作り万華鏡の製作体験、メルヘン交差点付近の散策などを楽しんだ。
夕食は札幌市にある1皿オール100円の回転寿司店『すしおんど』でたらふく食べ、海鮮づくしで締めた。

毎年コースはさほど変わらないが、いつ行ってもやはり小樽は楽しい。
とても1日では回りきれない。

海鮮ものが大好きな自分としては、いっそ移住したいくらいだ。


かきざき商店 海鮮工房
  http://www2.ocn.ne.jp/~kakizaki/index.htm


大きな地図で見る



北一ヴェネツィア美術館
  http://www.kitaichiglass.co.jp/kakuten/miru/museo/



スーベニール オタルカン
  http://www.otarukan.com/



スポンサーサイト

| 旅行 | 17時02分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宝来軒の激辛 “大噴火ラーメン”

洞爺湖温泉街のほぼ中央部、洞爺パークホテル天翔より徒歩1分(道路を挟んだ斜め向かい)のところに 宝来軒 があります。

ここのラーメン屋の名物は何と言っても、南蛮、豆板醤をベースとした四川風の醤油ラーメンにキムチがトッピングされた、大噴火ラーメン(激辛)と 小噴火ラーメン(辛口)。

men1.jpg

men2.jpg

真っ赤なスープはまるで大噴火した時の溶岩を連想させ、かなり辛そうな印象を与えますが、むしろ四川風豆板醤の辛味がスープを引き締め、“辛い”と言うよりは“美味しい”に近いとか。

好みにもよりますが、辛党の方などはお近くに出掛けた際にいかがですか?


宝来軒
 電話 0142-75-1066


今回、洞爺湖周辺を色々と散策して来ましたが、見どころがたくさんあり過ぎて1日では回り切れませんでした。

残念だったのは、サイロ展望台アイスのてんぷら や、岡田屋白いおしるこ を食べる時間がなかったことです。

次回はもっと内容の濃い旅行にしたいと思います。
たくさんのアクセスありがとうございました。

| 旅行 | 11時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

足湯・手湯の洞龍(とうろん)の湯

洞爺湖汽船(遊覧船)乗り場から100m(ホテルグランドトーヤ裏)のに 足湯の洞龍(とうろん)の湯 があります。

asiyu1.jpg

ここは洞爺湖温泉街にある14箇所の足湯・手湯の中でも最初にできたところで、最も人気があります。
42℃と少し熱めの温泉に入りながら、四季折々の洞爺湖の眺めは格別です。
スタンプラリーも開催していますので、チャレンジしてみるのも良い想い出になると思います。

タオル1本200円の販売機も併設されているので、拭くものを忘れた場合も大丈夫です。
(大抵の方はタオルを持参していましたが・・・)

各所とも入浴料はもちろん無料で、何回でも何時間でもOKです。
但し、洞龍の湯のように4月~10月は午前9時~午後9時、11月~翌年3月は午前10時~午後5時などと時間の決まりがありますので注意して下さい。

他の足湯や手湯もそれぞれ志向を凝らしています。
ぜひ、体験してみて下さいね。
※他の方の体験の様子は こちら

asiyu2.jpg

▲わかさいも本舗の前にある手湯


洞龍(とうろん)の湯
 虻田町洞爺湖温泉町224(ホテルグランドトーヤ裏)
 お問合せ先 洞爺湖温泉観光協会 0142-75-2446
 URL http://www.n43.net/onsen/touyako/toron/index.htm

| 旅行 | 16時17分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

眺め最高!洞爺湖

touya1.jpg

ここ 洞爺湖 は、虻田郡洞爺湖町(あぶたぐんとうやこちょう)と有珠郡壮瞥町(うすぐんそうべつちょう)にまたがる湖で支笏洞爺(しこつとうや)国立公園に含まれています。

ほぼ円形の湖で周囲は約50kmあり、面積は全国で9番目、カルデラ湖としては屈斜路湖、支笏湖に次いで3番目となります。

touya2.jpg

▲富士山にそっくりな山、蝦夷富士こと、羊蹄山

湖畔には道内有数の温泉地、洞爺湖温泉と壮瞥温泉を抱え交通アクセスも札幌市から約2時間、北海道空の玄関千歳市から約1時間30分、高速(道央自動車道)伊達インターチェンジから約20分と便利なことから数多くの観光客で賑わっています。

4月28日~10月31日までの期間は洞爺湖温泉街のどこからでも見える、ロングラン花火大会(連日連夜20:45~20分間程度)が繰り広げられています。(昭和新山火まつり開催の2日間は打ち上げなし)


洞爺湖汽船(遊覧船)は30分間隔で運航しています。

touya3.jpg

▲行きで乗船した 「エスポアール」

touya7.jpg

▲帰りに乗船した 「羊蹄」

▼中島から見た洞爺湖温泉街と昭和新山

touya4.jpg

touya6.jpg

touya5.jpg

▲白鳥が出迎えくれました。
 意外と人馴れしています。


洞爺湖温泉観光協会
 お問合せ先 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉144
         0142-75-2446
 URL http://www.laketoya.com/

洞爺湖観光汽船
 お問合せ先 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉29番地
         0142-75-2137
 URL http://www.toyakokisen.com/ 

 

| 旅行 | 15時33分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定番お土産 “わかさいも”

今日はひと息ついて、おみやげで買ったお菓子のご紹介。

今回の旅行でおみやげの定番として、どうしても外せなかったのが北海道銘菓の“わかさいも”

wakasaimo.jpg

焼き芋に見立てたこの和菓子、こんがりと皮の部分に焼き色が付いているのは醤油が使われているせいだとか。
本物に近い食感を出すために、繊維の代わりに昆布が使われています。


imoten.jpg

こちらは“いもてん”
わかさいもを天ぷら風に揚げているのが特徴で、香ばしい風味が何とも言えません。
なかなかの人気で、わかさいもを凌ぐ勢いだとか。


usuman.jpg

色々買ってきた中で一番のお気に入りが“有珠まん”
パイ生地の中に、北海道産の小豆をつぶ餡で作っています。
サクサク感とつぶ餡状のあんこがマッチしてます。


おみやげを買ってきて気付いたんですが、何故かお饅頭ばかり。
洋菓子やケーキ、プリンなどたくさんあったのに・・・。


わかさいも本舗 洞爺湖本店
 住所 北海道虻田郡洞爺湖町 洞爺湖温泉144
 お問い合わせ先 0142-75-4111
 営業時間 AM8:30~PM7:00
 ※季節により変更があり
 URL http://www.wakasaimo.com/


わかさいも(12個入)
わかさいも(12個入)

| 旅行 | 11時54分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和新山熊牧場

本日は昭和新山にある熊牧場のご紹介です。

その前に、“昭和新山”とは何ぞや? と言う方に・・・

昭和新山 北海道有珠郡壮瞥町字昭和新山
 地図は こちら

sinzan.jpg

昭和18年12月に始まった群発地震をきっかけに、昭和19年6月、麦畑から噴煙が上がりいきなり隆起し、2年にわたる火山活動によって海抜407(現在402)mまでに生成した活火山です。
有珠山の麓にあって、山頂の溶岩ドームからは常に水蒸気が吹き上げられています。
かつては集落がありのどかな田園地帯でしたが、火山の隆起と共に集落は消滅しました。
家や農場を失った住民の生活の支援のために、地元の郵便局長が土地を買い取り観察を続けました。
このため、昭和新山は三松家の私有地内にある火山として世界的にも大変珍しい貴重な山として有名です。

<昭和新山周辺の観光地>
有珠山ロープウェイ
三松正夫記念館



そして、熊牧場は昭和新山の目前で、有珠山ロープウェイ発着ロッジの隣にあります。

kuma1.jpg

園内に入ってすぐ右に熊の幼稚園があります。

kuma2.jpg

1歳~2歳の一番あばれん坊です。
厳重にした鉄格子の中で、喧嘩ばかりしてました。

羆は約100頭飼育されていて、餌をねだる仕草が愛くるしいと人気を呼んでいます。

kuma3.jpg

kuma9.jpg

ちょこんとお座りしたり、立ち上がったりします。

kuma10.jpg

餌をねだる姿はカワイイ?
チョイチョイと手招きします(;^_^A

10歳の羆には“人のオリ”から筒状の管で餌をあげることができ、もらい来た迫力ある羆を近くから見学できます。

kuma8.jpg

闘争本能むき出しで餌の奪い合いをする10歳の羆。
地響きがするような低い声で唸っていました。

※熊牧場の園内施設の写真などは多くの方がご紹介しているので、こちらをご覧下さい。
(手抜きでごめんなさいm(_ _)m)


入場券の裏に記された特徴をご紹介します。
1.クマ科
2.食べ物:何でも食べる(肉、野菜、くだもの等)
3.生態 冬こもり:する 穴:入る 棲息地:寒冷(積雪地)、山奥 交尾:5月~7月 出産:1月~2月 子供:体重300g、体長25cmくらいで成長が早い
4.大きさ 骨格:前後違う 指:5本 体重:300~500kg 体長:2m 毛皮:あつい、かたい
5.五感 視覚:良い 聴覚:特に良い 嗅覚:特に良い 触覚 毛なし
6.運動能力 平地:速い 木登り:上手 泳ぎ:海でも渡る
7.糞 食べ物によって異なる
8.闘争力 大きい、パンチは強力(1.5t)
9.寿命 20年前後


昭和新山熊牧場
有珠郡壮瞥町字昭和新山183
期間 通年営業
営業時間 (5月~10月)8:00~17:00
     (11月~4月)9:00~16:00
入場料 大人(中学生以上)800円 小人(小学生)500円
    5歳以下無料
    団体割引、障害者割引あり(本人のみ)
お問い合わせ先 0142-75-2290


※明日は○○○をご紹介します!

| 旅行 | 21時08分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北湯沢 第二名水亭~牧家 ミルキングパーラー

7月27日(木)・28日(金)で1泊2日旅行に行って来ました。
その様子を今日から何日かに分けて小出しで記事にしますので、よろしければお付き合い下さい。

■宿泊先 北湯沢温泉郷 湯元 第二名水亭
     北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300-7
     URL http://www.noguchi-g.com/2meisuitei/index.html

hotel.jpg

ここは、夏休み特別プランで小人 908円 と激安で有名なホテル。
“温泉ビーチ” と称して屋外の温水プールがあるのが最大の魅力です。

その他にも、名水亭~ホロホロ山荘~第二名水亭(順不同)などと三つのホテルを直結バスで結び、それぞれのお風呂を “湯めぐり” したり、夕食を別ホテルに変更することも可能など、世代を問わず楽しめます。

通常の温泉街とは違い、都会から離れた深山の奥座敷的なイメージでゆったりのんびりくつろげます。
ご年配の方、家族、カップルと圧倒的にリピーターが多いのも納得できました。

この時季、夏休み特別プラン908はちびっこ向けのイベントなんかも数多く開催していて大人気ですが、今回、オラが予約したのは “【平日限定】ドライブ♪デートプラン”

実はこのプラン、“どっちの料理ショー” で特選素材になり超有名になった、“カチョカヴァッロチーズ” の製造元、牧家 ミルキングパーラーでのアイスクリーム作り体験ができるというお得もの。

bocca1.jpg

bocca7.jpg

当初、「アイスクリーム作りなんて北海道なら大して珍しくないし、まぁ牧場で作るから美味しいのは当たり前!」程度で考えていましたが、いざ体験してみると、これが本当にさすがに美味しいのなんのって。
単純に濃厚で甘いだけじゃなく、牛が食べてる草の香りがほのかにして後味がさっぱりしていて、癖になる美味しさです。
一緒に体験に参加した子どもたちだけじゃなく、周りの大人たちまで絶賛でした。

bocca8.jpg

その上、試食サイズのオリジナルさけるチーズやモッツァレラチーズ、ビーフジャーキーや牛乳サービスもあって大満足。
もう、本当に良かったね!って親子で喜び合いました。

ちなみにこのプラン、夏休みに限らず常時あるようです。
当然、お子さんがいなくてもアイスクリーム作りを体験できますし、老若男女問わずというのが嬉しいです。

これから第二名水亭に予約しようと考えている方、この“【平日限定】ドライブ♪デートプラン”、体験してみる価値は充分あると思います。
ぜひ、おすすめです!


(有)牧家 ミルキングパーラー
  北海道伊達市乾町201-292
  電話 0142-25-3302
  URL http://bocca-ltd.co.jp


北湯沢温泉 湯元 第二名水亭 にご予約は こちら から


※明日は○○○をご紹介します!

| 旅行 | 18時25分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。